6.28 水は命 虹のHoshiプロジェクト

『夢のプロジェクト』の成功へ向けて~ 丸山祐一郎(マリオ)さん本人からのメッセージは、紺色で表示されています。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白鳥に歌う子供達10001

白鳥の羽根10001

「こんな時だからこそ丸山さんの音楽を聞きたいと思います。飯山も地震大変だったと思いますが、よろしくお願いします。」携帯の留守電から、キヨの元気な声が聞こえた。嬉しかった…

大地震から3日、たび重なる余震…テレビをつければ被災地の目を疑う光景、信じられない大津波、瓦礫と化した町並み、火災、そして次々と爆発する福島原発…その中をひきりなしに流れる緊急地震速報のテロップ…長野の文字が入るたびに体が緊張する。

大地震の日の朝10時、白鳥に向かって子供達と歌を歌った…まだ雪が残る田んぼのあぜ道で、まっ白な白鳥に向かって歌う木島平小学校の子供達28人…本当に素敵なひと時だった…

まさかその4時間後、こんな歴史的大地震が起きるとは誰が予想出来ただろう?子供達の歌、白鳥、青空…もう何ヶ月も前の出来事のように感じられた。

いまだに連絡取れない仙台の友達、大丈夫だろうか?飯山の隣、栄村の友達の安否もわからない…心休まる間もないまま、疲労もピーク。そんな時、上田のルバン、パン屋のキヨから元気な留守電…嬉しかった。

夕方5時にルバンに着く。外は少しだが雨が降っている。この雨にも放射能は含まれているのだろうか?キヨが、元気な顔で出迎えてくれた。こんな時だからこそ楽しい会にしようねと固い握手をした。

こんな時にもかかわらずルバンパン屋さんの2階は次々と人が訪れ、狭い畳みの部屋は30人程の人達で埋まった。「みんな、こんな時に集まってくれありがとう!」地震で亡くなかった人達の冥福を祈り心の川を弾いた。泣いている人達も何人かいた…音楽は祈り…

妊婦のお母さんが言った。「地震から毎日のように流れる悲惨な映像、固くなっていたお腹が柔らかくなりました。」嬉しかった…

誰も経験した事のない災害…不安…みんな知らず知らずのうちに心にストレスを抱えていた…ライブが進むにつれ、少しずつみんな笑顔になる。そうなんだ。この大災害を乗り切るために僕達が今しなくてはならない事は何?自らが笑顔になって目の前の人に笑顔を手渡す事ではないだろうか?そこから復興の一歩が始まる。

みんな被災地に笑顔を飛ばそう!と固く誓い合い、最後は元気にふるさとを歌った。被災地のみんな頑張って!僕達も頑張るよ!

最後に、今日集まってくれた人は、みなイチャリバチョウディ!(沖縄の言葉で行き会えばみな兄弟の意味)「みんなにプレゼント!」とシベリアに旅立つ白鳥の羽根を全員に配った。

そう、飯山の田んぼで子供達と歌ったあの白鳥の羽根をね。毎日散歩していると、いっぱいあぜ道に落ちていたんだ。まさかこんな形で使う事になるとは…シベリアに旅立つ白鳥の羽根。みんなのお守り、大切にしてね。きっといい事がある、日本は必ず復興する!

                         風の音三郎Mario

追伸

地震から一週間、仙台、福島の友達にやっと連絡が取れ、みな無事を確認。電話ごしに『はやぶさ、君に歌うよ星の歌』を歌った…

命は一つ、世界は一つ!  日本は大丈夫!!

≫ Read More

スポンサーサイト

| 未分類 | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スクールの朝

110126_072914.jpg

スキースクールの朝は早い。飯山は大雪…朝6時30分起床。まだ薄暗い中カーテンを開ける。窓は霜で凍り着き、自慢の高社山も見えない。部屋の中でも吐く息は白い。

腰にホッカロンを張りスキーウエアに身を包み、万全の体制で表に出る。ランクルの上には、また40センチぐらいの雪が…雪はもういらない。ドアを開けようとしてもゴムが凍りなかなか開かない。やっとの思いでドアを開けエンジンをかける。そのエンジン音は、まるで「寒いよっ!」と言ってるように僕には聞こえた。そして除雪…起きてからここまでで30分。今日も快調!

エンジンをかけたまま部屋の中で5分でお茶漬けを掻っ込み、いざスクールへ出勤。朝の道路は凍っているので、慎重には慎重を重ねハンドルを握る…太陽が昇る直前、あまりの景色に「オオッ!」と叫んだ。

雪の平原に雲が降り、うっすらとガスった一本の道を一人の女子高生が歩いていた…あまりの美しさに見とれ、車を寄せ携帯のシャッターを切った。映画のワンシーン、詩的な感動!やはり早起きは三文の得か?

今日は京都から来た高校生スキー実習の子供達。Marioの班はかわいい女の子9人。早速PACEを教えた…みんな元気いっぱいだ。今日も白銀の山にこだまするPACEの声!!

                               風の音三郎Mario

| 未分類 | 21:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

頑張れっ、日本!

ワールドカップサッカー625

ワールドカップサッカー2

今夜は、最高!人生は素晴らしい
25日の未明ワールドカップサッカーデンマーク戦を応援した。顔はペインティングをし、頭は虹色のモヒカンかつらを被り、手には赤、、緑のレザー光線を持ちテンションは最高調!
3日前のコンサートから、お客さんにお願いした。
「僕の願いはひとつ!日本とデンマーク戦応援よろしくお願いします。皆様の清き一票が日本を勝利に導くのです。よろしくねっ!Sambaのリズムでコンキンキンココ!」
何回言っただろう?人生はメモリーの連続…素敵なメモリーをいっぱいつくろう!
札幌カフェ、パーリッシュは朝1時30分から6人のメンバーで大盛り上がり…笑顔の素敵なけんちゃん、フランスから来たアルノ、ファイトいっぱいのやなださん、サッカーの好きなしゅんすけ、そして、言いだしっぺのMario,はるちゃん。
そしていよいよ始まる。いきなり本田のフリーキックが決まり、えーっ!!まさかのゴールにびっくり
テレビの映りが悪く、よく見えない。オーッ!と顔を見合わせ歓声!そして2点目が決まると固い握手をし、熱く歓声!そして後半に入り一点取られたもののすぐさま取り返し、結局は3対1で勝利した。涙の歓声…いや、信じられなかった。日本が3点も取るなんて…奇跡…クラッカーも2つしか買ってなく、3つ目を鳴らせなかった。僕達の応援が届いたのか?
人生は素晴らしい。このひと時に感謝!素敵なメモリーをありがとう。心に虹が架かった。虹の旅 最高潮!!頑張れ日本!

                                風の音三郎Mario

| 未分類 | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

りゅうじの店

 久しぶりのりゅうじの浜千鳥。骨董屋のようなライブハウスの空間、一瞬タイムスリップし心が風に舞う。まるで自分自身に歌うように、一言一言呟くように、それでいて力強く…
 何年か前、新潟中越地震ボランティアで新潟に向かう途中、富山で聞いて以来だ。りゅうじ、あの時は体調を崩し、新潟に行けなかったね…  
 りゅうじの歌は、いつも心のSOUL!全身全霊を傾け歌い、ギターを弾く…その瞬間神が舞い降りる。多くの音楽家がりゅうじのファンだ。僕もその一人。今日は、そのりゅうじの店でライブ。  ライブの時間になると若い人達が続々と集まってきた。見るからに音楽が好きそうなお客さんばかり…今日の『心の川』はスペシャル初バージョン。胡弓の石田君とウッドベースの池ちゃんが入る。いつもの心の川が、過去から未来へと流れるゆるぎない川となった…
 旅をする。多くの出会い。皆、口々に言う。「旅が出来幸せですね。」本当にそうなのだろうか?出会った数だけ人生がある。その人生との永遠なる別れ…旅をしなければその人生に会う事もなくその別れもない。音は祈り。今日も届くだろうか?毎日体が動かせなくても、ただただ、みんなのために祈り、頑張って生きている友。僕は君のために音を出すよ…
 ほら、君の好きなテネシーワルツ。どこかのおじさんが、「えりちえみが出てきたみたいだ。ありがとう!」て言ってくれたんだよ。聞こえる?次は千の風、いい風は吹いたかなぁ~?次はその風に誘われ素敵な鳥が飛んできたよ。鳥と一緒に大空いっぱい自由に飛んでね。風にのって~空を飛ぼうよ~最後はとびきり!!虹のHoshi628号だよ。さあ、出発進行!!シュッシュッポッポッ!シュッシュッポッポッ!ららーららら~夢を乗せて~汽車は走るよ~今日もみんなの夢を乗せ汽車は走る。
                       風の音三郎Mario

| 未分類 | 07:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。