6.28 水は命 虹のHoshiプロジェクト

『夢のプロジェクト』の成功へ向けて~ 丸山祐一郎(マリオ)さん本人からのメッセージは、紺色で表示されています。

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飯山燈籠まつり

110806_1855311.jpg

道に並ぶ10000個の燈籠、商店街の道が川になった。東北大震災の追悼…

今年の我が飯山の燈籠まつりは、いつもになく盛大だ。その中をかわいい浴衣を着て歩く子供達。 尺八、二胡の音が風に乗る…

尺八の遠藤さんは友達、モスクワからナージャが来た時、ナージャの尺八を探しに飯田の自宅を尋ねた。

山の上、自然の中でひっそり暮らす遠藤さん、自分で尺八を作り家族と生活している。彼の暖かい尺八の音に耳をすます…

建物の間から見えるきれいな夕空…津波で亡くなった人達に手を合わした

               風の音三郎Mario
スポンサーサイト

| 丸山祐一郎さんからのメッセージ | 21:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

復興のタペストリー

110715_0857~020001

「生徒達がタペストリー作ったんだけど仙台七夕に飾れないかな?」

北海道北陽高校の高校物理の先生てっちゃんから電話があった。

網のネットに、小さな色画用紙をホチキスで留めた作品。色のグラデーション、一つの作品24000枚のピースで出来ている。
2メートル×6メートルで、20数枚あると言う。

仙台、東北の被災地に飾れるよう、仙台の友サリーにお願いした。

早速、商工会議所、銀行、避難所等あたってくれた。「飾れるかも?」てっちゃん大至急送って…
事のいきさつはこんなストーリー…

全ては人の縁。復興のタペストリーとして仙台七夕に飾られる事になった北陽高校の生徒達の作品。
どれだけ多くの人達が元気づけられ、笑顔になるのだろう?
またこれを作った生徒達の仙台東北へと繋がる想い、これは必ずや人生の財産になるに違いない。

てっちゃんから笑顔のメールが届いた。「日帰りだけど仙台七夕見に行きます。」嬉しかった…

人は人を繋ぐ。旅の数だけ友がいる。旅はいいもんだ…

今年のお盆は大崎上島で花火を見て夏休み…その後は、九州の友に会える。みんな元気だろうか?

ふと気づくと高社山に稲妻が走り夕立が…

                                      風の音三郎Mario

| 丸山祐一郎さんからのメッセージ | 11:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。