6.28 水は命 虹のHoshiプロジェクト

『夢のプロジェクト』の成功へ向けて~ 丸山祐一郎(マリオ)さん本人からのメッセージは、紺色で表示されています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蜂の温泉ショー

一匹の蜂が温泉の湯面を滑空…体が上半身だけ浮かび、湯面を見事に滑空していく…美しい!思わず見とれた。
湯舟に口まで浸かっていた僕の目の前の小さなハプニング。午後の日差しを受けると、羽根はキラキラ輝き、まるで水上飛行機のように湯面を左、右と低空飛行…ここは、長峰温泉の露天風呂、風呂がない我が家の唯一の贅沢なひと時。
温泉に浸かりながら目の前の蜂の温泉ショーを楽しんでいた僕だが、ふと蜂の身になって考えてみた。う~ん、蜂は偶然この温泉に落ちたのか?そう思って見ると蜂の必死さが伝わった。
羽根を必死に動かし飛び立とうとするのだが、いったん水をふくんだ身体は想像以上に重く、飛び立てないでいた…そう目の前の蜂は必死に脱出を計り、もがいていたのだ。案の定、しばらくすると蜂は力尽き湯舟に浮いた。
蜂にとってはこの露天風呂、海のように広く感じたのだろう。しかも熱いときている。最初は体も水平だったのだが、次第に横向きになっていく…
小さな虫にも五分の魂!そう思った僕は、すかさず湯舟から立ち上がり、すかさず蜂にタオルを差し出した。わらをもすがるとはこの事!なんと、あっと言うまに蜂はタオルにしがみつき、タオルをはい上がってきた。
露天風呂の周りの大きな岩まで運ぶと、岩にへばり付いた蜂は、葉っぱの影でホッとしたかのように足を動かし温泉の水分をゆっくり取り去り、10分ぐらいすると飛び立っていった。
空を見上げると雲から少し顔を出した太陽が、いくつもの光のスポットになり地上に差し込んでいた。

台風から風が変わった。秋は、すぐそこ…

                                   風の音三郎Mario

| 丸山祐一郎さんからのメッセージ | 14:23 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

感動しました!

偶然の蜂の温泉ショー

蜂の必死さと

Marioさんの必死さが

伝わりました

きっとその蜂は

いつかMarioさんに

恩返ししてくれますよ♪

| 澤田圭太 | 2010/09/14 09:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pace628.blog7.fc2.com/tb.php/145-abd4f5a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。