6.28 水は命 虹のHoshiプロジェクト

『夢のプロジェクト』の成功へ向けて~ 丸山祐一郎(マリオ)さん本人からのメッセージは、紺色で表示されています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

地震から、一ヶ月2時46分仙台の風

110412_1130491.jpg

全てを奪いさった大地に風が吹く…地震から一ヶ月、仙台の津波で流された海岸、荒浜は雨が降っていた。高速道路の下トンネルをくぐると、目の前に飛び込んできたあまりの悲惨な光景、思わず絶句した。おそらく、海岸まであと何キロもあるだろう田んぼには、車が大地に突き刺さり、電電車が横たわり、いくつもの電信柱が斜めになっていた。車で走れる道には、大きな木が横倒しになり枝が所々はみ出している。運転は注意を要した。神戸、中越、柏崎の地震とは全く違う津波のエネルギー…自分の目で見て、初めて津波の恐怖を思った。もし僕がここにいたら逃げおおせただろうか?この恐怖を体験し、今避難している人達、家族を亡くした人達の事を思うと胸が痛んだ…

ちょっと前の2時46分ここまでの道が渋滞し、海岸まで行き着く事が出来なかった僕とはるちゃんは、川の脇に車を止めギターを弾いた…追悼の『心の川』が仙台に流れる…ギターが雨で濡れる。この雨にも放射能が含まれているだろうか?ごめんねギター…我慢してね。この2時46分はどうしても外せないんだ。ギターに心で話し、追悼の音を奏でた。津波で亡くなった全ての人へ…

以前、演奏もした事のある六郷児童館(今は避難所になっている)に行った。ちょうど昼飯時…畳みの部屋に40人ぐらいの人達が共同生活をしていた。皆さん元気ですか?「長野から来ました。昼ご飯のBGMにちょっとだけギターを弾きます。」ギターをやさしく奏でた。春風のように、寄り添うように…演奏が終わると笑顔の拍手が来た。津波の爪痕を見ると、とても頑張ってねとは言えない…「皆さん元気で!また来ます!」と明るく笑顔で言って、避難所を後にした。

仙台、団地の中にある万華鏡ギャラリーバチカン。日本、広しと言えど万華鏡専門店は東京麻布と、ここ仙台の2件だけだと聞いた。以前このバチカンで演奏した事のある僕は地震からずーっと心配していた。あの美しいカラディモスの万華鏡は大丈夫だったろうか?

地震から一週間バチカンのオーナー千葉さんに電話がつながった。受話器の向こうで千葉さんは悲痛な声で言った。「あのビリンバウを奉納して下さったカラディモスは粉々に砕けちゃったのよ。他もほとんど全滅…私は大丈夫だったけど…」彼女の胸の想いを思うと言葉がなかった…
千葉さんが生涯かけて集めた同じ物は二つとない子供達…万華鏡は千葉さんにとって命…

玄関のベルを鳴らすと中から千葉さんの元気な声がした。片付けられた室内は整然としていて、壁から30センチ程隙間があいたピアノが地震当時の凄まじいエネルギーを物語っていた。あれだけたくさんあった万華鏡が数えるほどしかなく、「もう、これだけしか残らなかったのよ…」と言う千葉さんの声が胸に響いた。
カラディモスの砕けた破片を段ボールの中に見つけた僕は、机の上に起き千葉さんに言った。「カラディモスの追悼していいですか?」もちろんです…カラディモスに向け『心の川』を奏でる。一つ、一つの音は千葉さんのこれまでの人生への追悼…カラディモスありがとう…砕けても美しいカラディモス永遠に…
 仙台の風2へ続く…

                          風の音三郎Mario

| 丸山祐一郎さんからのメッセージ | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pace628.blog7.fc2.com/tb.php/171-c7fcecae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。