6.28 水は命 虹のHoshiプロジェクト

『夢のプロジェクト』の成功へ向けて~ 丸山祐一郎(マリオ)さん本人からのメッセージは、紺色で表示されています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石巻、田んぼに歌ったスペシャルライブ

水カンリンバの音が山にこだまする…3月11日まさに、この場所で小学生74人が亡くなった…

川をさかのぼった津波は、橋にぶつり逆流し一瞬にして74人の児童を呑み込んだ…

川の流れと反対方向に無惨にも押し倒された山の木々…当時の様子を思い、目を閉じ水カンリンバを奏でた。

みんな聞こえる?苦しかったね…つらかったね… お母さんに、会いたかったね…

学校の前の慰霊碑に訪れ、花を沿え、手を合わせる人達…一緒に祈るよ、水カンリンバ。美しい夕暮れに染まる北上川、川が赤く泣いた。

その夜田んぼの一軒家、RQボランティアセンターにお世話になり、畳みの部屋、寝袋で寝た。
少し寒く、頭まですっぽり寝袋を被り目を閉じる…

陸前高田の一本松、南三陸町のかもめ、大川小学校の水カンリンバ…今日一日の映像が頭の中をぐるぐる回る。出て来る言葉は蘇れふるさと…

その言葉を呪文のように繰り返し、いつしか僕は深い夢の中…

朝方、寒くて目をさました僕は、ギターを持ちそっと表へ…朝もやのかかる田んぼが美しい!

30メートルぐらい先、小さな小川を見つめ一人佇む若い女性のボランティアスタッフ…絵になっている。

声をかけるのも悪いかな?と思いつつも、瞬間言葉に出たのは『おはよう!』の一言。ちょっと驚いた彼女からも元気に『おはよう!』が返ってきた。よかった…

それ以上何も話さず、朝もやの田んぼの奥へと足を進めた。

時折飛び立つしらさぎ…朝日に羽根が輝く。朝露で草が濡れ、靴が濡れる。
何処かにギターを弾く場所はないかと探し、高架線の下コンクリートに濡れてない場所を見つけ、ギターを弾く…

昨日の言葉、蘇れふるさとをギターに乗せ、想いのまま歌っているととメロディーが生まれ、詩が生まれた。
おっ!ちょっといいかも?コードは単純にC、F、G7の3コード。

蘇れ~ふるさと~
君の胸に届け~ひびけ~
陸前高田の一本松よ~

あれっ?これって高田渡じゃん?みんなは知らないと思う…

今は亡きフォークの大御所、酒が好きでステージで寝てしまい自分で起きるまで、お客さんは誰も起こさず待っていたと言う伝説の歌手!

昔は好きじゃなかったけど、今は高田渡の気持ちがわかる。人間らしく、素直に本音を心から歌うと、こうなるのか…

40分ほど誰もいない田んぼに素直に歌った。

ボランティアセンターに戻り、いい曲が出来たとはるちゃんに歌うも「えーっ!私歌えない。」と一括!

それ以来歌ってないけど、僕の中では、一度限りの田んぼに向かって歌ったスペシャルライブ。

  風の音三郎Mario


| 丸山祐一郎さんからのメッセージ | 14:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pace628.blog7.fc2.com/tb.php/186-3ad5ae6a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。