6.28 水は命 虹のHoshiプロジェクト

『夢のプロジェクト』の成功へ向けて~ 丸山祐一郎(マリオ)さん本人からのメッセージは、紺色で表示されています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私は、ここにいるよ!

心の川のギターが響く…エンディングまであと10秒!まさにクライマックスというところで地鳴り…えっ地震?うそでしょう?

でも次の瞬間思ったんだ。これは彼女のありがとうの地震だって…だから大丈夫!揺れている中、最後まで心の川を届けた。

午前中、ボランティアセンターの人の呼びかけで公民館に来た一人のおばあちゃん。大川小学校に通っていたお孫さんを津波で亡くし、はるちゃんに辛い胸の内を語った。

「8月に入り、遺体が見つかったのよ…でも顔がなく…でも、私が娘に買ったパンツを履いていたの…だから、私は確信したんだけど…一ヶ月半してDNA鑑定で娘に違いないとわかって、ホントに嬉しかった…あさってが葬式なの…」

「おばあちゃん、彼女の追悼のギターを弾くよ。心の川と言う僕が作った曲。聞いてね…」

おばあちゃんは、地震の直後は青ざめたけど、曲が終わり、同時に揺れもおさまり、ホッと胸をなで下ろした。

おばあちゃんの不安な気持ちを吹き飛ばすように、「おばあちゃん!紙飛行機作ろう。僕の友達、元全日本チャンピオンの紙飛行機。よく飛ぶよ!」元気よく言った。

はるちゃんの指導のもとに作り始める。

手のあいた僕は、さっきの地震が気になり、早速携帯で検索。震度4宮城沖、石巻震度4だった…

紙飛行機を作っているおばあちゃん、はるちゃんにその事を伝えた僕はギターをBGMで弾く…揺れもおさまっている公民館の中では時折音がする。ミシッ、パキッ…

作った紙飛行機を飛ばした。おばあちゃんの作った紙飛行機は調整もしないのに一番よく飛んだ。空気の上をまるで滑るように滑空する。

友達のサリーが言った。彼女が一緒に飛ばしているのよ…

目を閉じると、彼女が紙飛行機で無邪気に遊ぶ姿が見え、「おばあちゃん、ありがとう!」彼女の元気な声が聞こえた。

  風の音三郎Mario 

| 丸山祐一郎さんからのメッセージ | 10:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pace628.blog7.fc2.com/tb.php/187-55bed8f0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。