6.28 水は命 虹のHoshiプロジェクト

『夢のプロジェクト』の成功へ向けて~ 丸山祐一郎(マリオ)さん本人からのメッセージは、紺色で表示されています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一人の前で、一つの花に…

虹竜

メリーX'mas!

みんな元気ですか?東北から無事帰りました。飯山はすっかり雪景色。東北の旅を少しずつお届けします。まずは福島です。


福島船引三春インターから車で10分、蓮笑庵を尋ねた。今は亡き画家渡辺俊明さんのアトリエがある。

奥さんの仁子さんが、お帰りと笑顔で迎えてくれた。この広い素敵な蓮笑庵、中に入ると俊明さんの作品でいっぱい…

生前お会いした時、彼が言った一言が今も頭にこびりついて離れない。「絵にならない事だったらしないほうがいい。」これは名言だ。

僕にとっての、絵になる生き方とは何だろう?模索しながら旅は続く…

彼の言葉通り、蓮笑庵の中の作品は、全て絵になるように飾られている。

311の時、ここはボランティアの宿泊所になったと言う。この場所は、このあたりの地区でも放射線量が低い。

仁子さんの言葉の中に何度も出て来る『クールスポット』。この言葉を聞くたびに、心が痛んだ。

奥さんの仁子さんは、ここで震災以降、光塾を立ち上げ、子供達と子供を持つお母さんの支援をしている。

次の朝、小さな公園のように整備された俊明さんの大切な場所で、ビリンバウを弾いた。

観客は4人とプラス一匹のワンちゃん。

地震で亡くなった人達の追悼…原発が早く静まる事への祈り…

寒い朝の静寂を破り、Berimbauが山にこだまする。
時折スポットライトのように太陽の光が僕を照らす…太陽の暖かさが身に沁みた。

演奏が終わりると、仁子さんが言った。

「ちょうど丸山さんが演奏していた方向、山の向こうに原発があるのよ。」

「ここには、天と地が繋がる井戸があるの…今までいろんな音楽家が音を奏でたけど、この場所はBerimbauが一番似合うわねっ!ありがとう。」

嬉しかった…青空を見上げ、俊明さんに話した。

俊明さん聞こえましたか?Berimbauは絵になっていましたか?

さっきの太陽は俊明さんなんだね…ありがとう俊明さん!

青空の中で俊明さんが微笑んだ。

今日からまた東北…一人の前で、一つの花に…小さな祈りの旅が続く…

               風の音三郎Mario

| 丸山祐一郎さんからのメッセージ | 18:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pace628.blog7.fc2.com/tb.php/192-43f245dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。