6.28 水は命 虹のHoshiプロジェクト

『夢のプロジェクト』の成功へ向けて~ 丸山祐一郎(マリオ)さん本人からのメッセージは、紺色で表示されています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

釜石復興支援の立役者、バイオディーゼルのランクル山田周生

明けましておめでとうございます。みんな元気ですか?一面雪の布団を被った美しい飯山からお送りするのは、去年に続き東北編第3弾ですよ~駅伝5区柏原君に感動しました。今年もよろしくね


『釜石復興支援の立役者、バイオディーゼルランクルの山田周生』

バイオディーゼルのランクル、天ぷら油だけで世界を周った男…みんな知ってますか?

彼に初めて会ったのは、忘れもしない二年程前の2009年8月31日。九州は川崎町のファミレス…

628プロジェクト(平和の火を運ぶ全国縦断ツアー)の中で出会った中渓さん一行と待ち合わせをした。中渓さんと周生さんは、海外で会っていて親しい友人。

ファミレスの駐車場、薄暗い照明に照らされた黄金色のランクル…衝撃だった。

ランクルの後ろを開けると、イルミネーションが点滅…えっ、何?

まるで映画『バックトゥーザフューチャー』の車のようだった。

彼は言った。「僕はこのランクルを見て、目覚まし時計のように、みんなのスイッチが入ってくれたら嬉しいんだ。」

周生さん、僕もその一人ですよ。瞬間僕の心に電流が走り、何かが変わった。

彼は、この天ぷら油を軽油に生成する機械(重量200キロもある)を設計し、このランクルで世界を一周したのだ。

その夜は、いつも世話になっているラピュタ(自然食レストラン)にみんなで泊まり、すっかり意気投合。その後、何回か会い親交を深め、家にも来てくれた。

311の時、彼は花巻にいて被災…ガソリンがない中、彼のランクルは大活躍!全国から集まる救援物資を、被災地避難所に届ける事に奔走した。

311以降、彼は釜石の山あいの民家を借り、なんと、それからずーっと東北支援の毎日…

10月に釜石へ寄り、彼の民家を尋ねた。一晩泊まり311の時の事を語り合った。311以降ゆっくり温泉に浸かる暇もないと言う彼の言葉に、正直驚きを隠せなかった。

ギターを弾いたら、ぽつんと彼が言った…「世界一周では、多くの人達に世話になった。今度は僕が恩返しの番…疲れていたけど、これでまたリセット出来る。明日からやっていける…」嬉しかった。その時思った。また必ず来よう…

次の朝、僕達はスケジュールが、仙台で決まっていたため出発。また12月来るからと、約束し別れた。そして今回の、東北ツアーに繋がるのである。

前置きが、長~くなったのだが、二回目の釜石、彼に会うために東北に来たのだ。長い道のりも、な~んのその…

無料の高速道路をひたすら走り、周生さんの民家に着いたのは、暗くなった7時頃…雪が散らつく中、周生さんが笑顔で出迎えてくれた。

家の中では、かなちゃんがエプロン姿で、忙しそうに夕食の準備に走り回っていた。

なんだか、やけに似合うねかなちゃん、まるで新婚さんのよう?誤解しないでねっ。彼女は周生さんを追いかけているカメラWomanだよ。

彼女も、311の時からずーっと周年さんと一緒に支援の日々…周生さんから、かなちゃんの具合が悪く、さっきまで寝ていた事を聞かされていた僕は心配…思わず、一生懸命僕達のために元気いっぱい振る舞う彼女に、涙が出そうになった。

「よしっ!」とばかりに彼女に見せたのは、ひま五郎!僕の中で、今お気に入りの指人形。

「飛んでけ、飛んでけ~ひま五郎!」一瞬にして消えるひま五郎…かなちゃんは目が???

そしてプレゼントをすると、ニコッと笑顔になった。

マジックは、どんな時も最強だね!さあー、楽しい釜石の3日間の、始まり~始まり~

  風の音三郎Mario

| 丸山祐一郎さんからのメッセージ | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pace628.blog7.fc2.com/tb.php/195-dd5a0488

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。