6.28 水は命 虹のHoshiプロジェクト

『夢のプロジェクト』の成功へ向けて~ 丸山祐一郎(マリオ)さん本人からのメッセージは、紺色で表示されています。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

伊勢神宮ミラクル珍道中7

・・・・
それは、去年の暮れのクリスマス会…
初めて行くお宅で、奥さんはピアニスト、ご主人は染色家で絵も描いている。

アトリエを訪れ驚いた。
アトリエの中、まわりは10数点の大きな福島原発の絵が飾られていた。
彼は、熱心に原発反対運動をしている人で、
福島の原発が爆発してから取り付かれたように描いたと言う。

和紙に水彩でにじみ、ぼかしを上手く取り入れ
独特の空気間を作りあげたどれも素晴らしい作品…
しかし気になったのはどれも構図があまりにも原発に直接的で重く、
見る人にとっては辛くなる人もいるんじゃないかとも思った。
また、このクリスマス会は普通のクリスマス会ではなく東京、
名古屋から原発反対をしている人達が集っていた。

独特の雰囲気の中、クリスマス会が始まった。
奥さんのピアノの弾き語り…そしてビリンバウを弾く事に…
この絵から受けるイメージで弾いた。
途中から、その日知り合ったパーカッションの口琴とのジョイント、
楽しかったなぁ…

そして、夜遅く家に戻り車をまさに止めようとした時、
側溝に後輪を脱輪した。
そしてバックをして上がる時、
泥よけとフェンダーが飛んだ。

今まで10年住んでいて、車を出し入れしているのに、
初めての事…信じられなかった。

そして朝、自分で何とか直そうと
フェンダーをはめている時、
腰がずれたのだ。
その一連の流れが頭に浮かんだ…

そうか、ビリンバウを弾いた時に絵の想い、
福島の原発への怒りのエネルギーを一手に引き受けてしまったのかも?

その事を祐子さんに話すと
「それ、それかも?エネルギーは強い人にすがって来るの…」
何も話してないのに、その事を感じた祐子さんは凄いと思った!
そしてそれを払ってくれた祐子さんに感謝だ。
ありがとう!同じ『祐』つながりは最強だね。

思った…全てはみな同じ…怒りからは何も解決しないし生まれない。
感謝があってこそお互いが寄り添えるのだ。

そして、もちろんはるちゃんの絵本『この足あとなぁに?』の
話題になるとまた熱が入り、夜が終わらない…終わらない…
いったい一日はいつ終わるのか・・・?

おっと、やっとエンディングかな?
祐子さんが元気よく言った…「フリフリしよう!」
フリフリとは?
満月に向かって財布を空にし、
「臨時収入ありがとうございます」と唱える。
ポイントは財布の中の小銭、
領収書すべて出してから満月にかざす事…
そして言葉を唱え、三回財布を振るのだ。フリ、フリ、フリ!
お金も窮屈な財布には入って来ない。
空にしてスペースを空けるのだ…なるほど…

大阪の町のど真ん中で、満月の夜に…素晴らしい!
こんな素敵な遊び?はなかなかないよ…
人生はこうでなくてはね!
まさに今日のエンディングにふさわしい~

みんなで声を揃え、満月に向かって
「臨時収入ありがとうございます!」
満月の夜、大阪の町に龍神の雄叫びがこだました。
そしてやっと長~い一日が終わった。
これこそ、まさに遠藤さんの長い話だ…
まだ旅は始まったばかりだと言うのに…
これが、旅の最初の日の出来事…

・・・・つづく。

            風の音三郎Mario

追伸

明日は、また3時起き?何と、祐子さんも行く事に…
伊勢神宮で日の出を見て朝7時の電車で帰れば仕事に間に合うって…
「えーっ!あと2時間しかないよ~」
いよいよ、明日は伊勢神宮…

| 丸山祐一郎さんからのメッセージ | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pace628.blog7.fc2.com/tb.php/203-d734c6b0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。